filter_list help_outline
  • Liked 川渕 洋明 (bucci)
    keyboard_arrow_down

    川渕 洋明 (bucci) - この1年で経たことを中心に想いをbucciまけてみる

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    とある方が背中を押してくれました。

    僕の想いや考え、今の会社やポジションのこと、などなど「ぶち」まけてみませんか?と。

    「ぶち」と来たからにはやらないわけにはいきません。

    「bucci」まけてみようと思います。

    ◉この1年を中心に

    衝撃的だったRSGT2019やコミュニティ。みなさんの高い言語化・認識力、パッションと知見の共有・共感。

    とあるマーケティング講座に毎朝15分FBライブで参加。毎日の問いかけが視座や認識を高めてくれた。

    CI&Tではマーケ業務と現場プロジェクトを半々。ワークショップ運営が増え、カスタマーサクセスリーダーに。

    AgileJapan実行委員。今年は5/20です。ほかの方々に助けられてばかり。

    家庭では長男の「釣りキチ」っぷりが末恐ろしい。

    ◉周りを変えるには自分から

    一昨日ひさびさに本屋を眺め、悩んだ末に「EQトレーニング」という本を買いました。

    冒頭にジャック・マーの一言「大事なのは、あなた自身をどう変えていくかなのです」

    理論・実践的な内容もですが、この一言、すごく良いなと思いました。

    自分なんてものはそう簡単に変わりません。なのに仕事や現場では変わることや変革を謳っています。

    変わりたいのに変われない。変えたいのに変わらない。いつも憂いてきた気がします。

    でも、迷いながらも進むこともできる、模索がどこかに連れて行ってくれる。この1年で学んだのかも。時には心のなかの怖れも味方にしながら。

    ◉どうやって影響力をもつか

    ペア、チーム、部署、会社、家族、地域、国。RSGT2020のクロージングでもバタフライ効果に言及がありました。

    あなたが変わることが、その姿勢が滲み出たとき、実は世界は変わっているのかもしれません。

    そんなことが積み重なった世界を見たくありませんか?

    ◉キーワード

    マインドセット、適応課題、毎日やる、解像度、視座、言語化で物事の認識たかめる、抽象と具象、寄り添う、共感、目的思考、多様性、価値観

  • Liked Rochelle Kopp
    keyboard_arrow_down

    Rochelle Kopp - サーバントリーダーシップを身に付けましょう!

    90 Mins
    Workshop
    Beginner

    イノベーションを生み出し、生産性の高いチームを目指すのなら、マネージャーやスクラムマスターはどのように振る舞うかが鍵となります。そこで推薦したいのは「サーバント・リーダーシップ」です。

    サーバント・リーダーシップを活かしている人は一方的に命令するのではなく、チームメンバーをどうやってサポートしてあげられるかに重点を置きます。チームメンバーをコントロールするのではなく、チームメンバーに仕えるという態度で接します。

    このワークショップでは、サーバント・リーダーシップを効果的に実践するために必要な要素を紹介し、またそれを応用する方法もお教えしていきます。自分のリーダーシップを再考する絶好のチャンスになります。

  • Liked Kazuki Mori
    keyboard_arrow_down

    Kazuki Mori / Jean-Baptiste Vasseur / Kenta Sasa - スクラムの理解を深めるスクラムショーワークショップ

    90 Mins
    Workshop
    Beginner

    スクラムショーワークショップは、スクラムの説明をショー(寸劇)形式で行うワークショップです。
    このワークショップを通じて、参加者はスクラムの基本を体験・学習できます。

    スクラムショーワークショップは、yycr2019(アジャイルコーチとスクラムマスターの宴、通称:よなよなコーチングリトリート)
    生み出されたワークショップです。「短い時間でアジャイルを知るようにしてほしい」というニーズに応えるために、最大2時間でアジャイル・スクラムの理解を高められるワークショップをみんなで作りました。
    会社の中で展開するために、できるだけ準備が少なく済ませたいという要望にも応えています。

    最小100分間のワークショップで、スクラムの動きを身に着けられるほか、
    皆さん自身で、スクラムショーワークショップを実践できるようになります。

    紹介動画はこちらから!

    詳細はこちらの記事をご参照ください。

  • Liked Alex Sloley
    keyboard_arrow_down

    Alex Sloley - Dammit Jim, I’m an Agile Coach, not a Doctor!

    Alex Sloley
    Alex Sloley
    Alex Sloley
    schedule 3 months ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Beginner

    Just what exactly does an Agile Coach do? Coaches may vary in their response to this question. I would like to think that most Agile Coaches, with some variation, would be fairly consistent in how we perceive our role. However, some companies or orgs or people probably interpret the role of the Agile Coach in ways that coaches never intended.

    Let’s explore some of the things that Agile Coaches have been asked to do! Are these antipatterns? Doing what needs to be done? This session will delve into the topic of the role of the Agile Coach and highlight potential challenges and possible solutions.

  • Liked Alex Sloley
    keyboard_arrow_down

    Alex Sloley - The Product Owner and Scrum Master Brain Transplant! Mwuhahahaha!!!

    Alex Sloley
    Alex Sloley
    Alex Sloley
    schedule 3 months ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Beginner

    Imagine you are a Mad Agile Scientist and have a diabolical experiment to conduct - what would happen if you exchanged the brains of a Product Owner and Scrum Master? Mwuhahahaha!!! How would the body of a Product Owner with the brain of a Scrum Master act? And vice versa?

    Perhaps the Scrum Master would now treat the team like a backlog? This Scrum Master would be focused on value and maintaining a coaching backlog of team and person improvements. This Scrum Master is refining the team, crafting a group that delivers value.

    And perhaps the Product Owner might treat the backlog like a team? Rather than backlog refining, they coach the backlog. They would be focused on nurturing, protecting, and empowering the backlog. The backlog might transform from an irritation into a labor of love.

    Although this experiment sounds terrible, this change of perspective might be what you need to reanimate your dead team or backlog.

    Join the fun and come learn what horrifying results await!

  • Liked Tatsuya Sato
    keyboard_arrow_down

    Tatsuya Sato - なぜ私はチームにい続けるのか。あるいは、エンジニアとしての成長のためのチームの活用について。

    Tatsuya Sato
    Tatsuya Sato
    Software Developer
    DENSO
    schedule 2 months ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    2016年夏、あるチームが解散となりました。そのチームのうち、社内に残ったエンジニアは一人。当時、彼は一人でプロジェクトをこなしていました。ステークホルダーから感謝されていたので一人で開発を続けていました。しかし、エンジニアとしての成長は殆どありませんでした。切っ掛けでとあるチームでエンジニアを募集していることを知りました。技術スタックもそれまでの事業領域も異なるところでやっていけるのだろうか?と彼は悩みました。そのチームにいるエンジニアと一緒に働きたいという想いからそのチームへ入ることにしました。あの時の彼の決断は正しかった、と今の私なら言えます。

    このセッションは、RSGT2020で発表された「Team-Based TEAM - 会社を越えるチーム」に対するアンサーセッションです。RSGT2020当日に初めてこのセッションの内容を知りました。それでも「あぁ、わかる。これは自分たちだ。」と思える内容でした。このセッションでは、Team-basedチームの一員として得られたものが何かについてお話します。

  • Liked Krishnakumar Chinnappachari
    keyboard_arrow_down

    Krishnakumar Chinnappachari - Achieving personal agility and become a better Change Agent in Life (personally first then professionally)

    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    There is this buzzword “Agile” everywhere in almost all industry not just the IT industry. Every corner of a company is trying to adopt Agile. Every company or team wants to embrace Agile and deliver value to their customers. However, the big question
    that remains unanswered is how truly these organizations or teams understand the core values and principles of Agile (Agile Manifesto in short)

    As we are aware “responding to change over following a plan” is one of the core values in the manifesto. How do we embrace change?


    In this talk, the speaker will give some practical tips/tricks/techniques to develop agility at personal or individual level and embrace change. In turn, these practices will the help individual to evolve and become better. Then he/she can easily carry some of the patterns or habits in to his/her professional life and strive for professional agility as well. In short, what started as personal level agility or transformation can eventually be scaled in another dimensions of his/her life.


    From the organizational point of view, it can be visualized as follows;
    Individual agility -> Team agility -> Departmental agility -> Organizational/Business agility

    Key takeaways:

    participants can start implementing some of the techniques in their life and start seeing the changes in their lives (both personally and professionally), if they consistently practice them

  • Liked Jayaram Hegde
    keyboard_arrow_down

    Jayaram Hegde - Scrum Simulation through Jenga

    Jayaram Hegde
    Jayaram Hegde
    Agile Coach
    ANZ Bank
    schedule 2 months ago
    Sold Out!
    90 Mins
    Workshop
    Beginner

    In my experience when people who are newly introduced to Scrum they always had challenges in having better understanding of Scrum which is most of the time due to in-adequate training, support or guidance received during their transition path.

    Most of the times I found that people are engaged and carry better understanding when new concepts are taught/explained/experienced through 'fun' & interactive learning.

    Through this simulation activity we will cover below aspects through interactive,fun, engaged & collaboration based exercise

    • Sprint
    • Timebox
    • Business value in product delivery
    • Sprint Goal
    • Definition of Done
    • Product Vision
    • Scrum Events
    • Scrum Values (Openness, Courage, Respect, Focus, Commitment)
    • Sprint Backlog
    • Empiricism

    The activity consists of 3-4 rounds (all of equal duration) where team would be going through the journey of product development & execution in Sprint fashion.

  • Liked Kazuki Mori
    keyboard_arrow_down

    Kazuki Mori - さあ、楽しいふりかえりを始めよう

    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    大事な活動である「ふりかえり」。だが、難しい活動でもある。

    スクラムの重要なイベントの一つである「スプリントレトロスペクティブ/ふりかえり」。
    チームを自己組織化へと導く大事なステップでもあり、スクラムの中でも一番「チームによるチームのための活動」だと言えると考えています。

    スクラムを始めたとき、多くの人が直面するのは、「ふりかえりがうまく機能しない」ということです。
    ふりかえりが反省会のようなムードになってしまう。
    チームのためのアクションが出ず、なかなかチームがまとまらない。
    アクションは出たものの、なかなかカイゼンされているように思えない。
    こういった悩みを持つ多くの現場を見てきました。

    ふりかえりは、難しい活動の一つとして考えられがちです。
    時間対費用効果が出ているのか、なかなか計測がしづらいですし、効果がすぐに現れない場合もあります。
    他のイベントと違い、ふりかえりがうまくいかなかったときに、「この活動は価値がないものだ」と感じ取られてしまいがちなのです。
    そのまま、ふりかえりが行われなくなってしまうのは、とても悲しいことです。

    ふりかえりとファシリテーション

    ですが、ふりかえりにはチームが成長するために大事な要素がたくさん詰まっています。
    そのうちの一つが「ファシリテーション」という考え方です。

    進行役としての「ファシリテーション」ではなく、促す者としてのファシリテーション。
    スクラムマスター一人がファシリテーターなのではなく、チーム全員がファシリテーター。
    チームが「ファシリテーション」を意識したとき、あなたたちのふりかえりはきっと良い方向へと変わります。

    ファシリテーションというものをあなたがどうとらえるか。
    そのとらえかたが変わると、きっと新しく見えてくるものがあるでしょう。

    このセッションについて

    このセッションでは、あなたがふりかえりの中で行うファシリテーションを考えるときの気付きを提供します。
    チームの形成、そしてチームの成長・混乱・成熟、そしてチームの解散。タックマンモデルのチームの推移に合わせて、どのようなファシリテーションを検討するとよいのか、といういくつかの事例を示します。

    また、私がふりかえりを突き詰めた結果見つけた「8つの型」についてお話します。
    ふりかえりの守破離」を通じて、ふりかえりを導入・成長・拡張していく流れについて、お話させていただきます。

    「自分のチームでは今どんなことを意識しながらファシリテーションしているだろうか」
    「自分のチームのふりかえりの現状はどんなものか」をイメージしながら、セッションに参加していただければ幸いです。

  • Liked Kazutaka Matsusaki
    keyboard_arrow_down

    Kazutaka Matsusaki - アジャイルな組織を創っていくには?地銀で取り組むアジャイルな組織創り

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    Reginal Scrum Gathering Tokyo 2020 にて講演させていただいた内容の再講になります。
    一部変更やプラスαして話させていただければと思います。

    ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)では、2018年4月、DevOps・アジャイル開発を実践していくための組織が立ち上がりました。
    昨今厳しいと言われる銀行業界でイノベーションを起こしていくための組織です。

    2018年5月にゲーム会社から銀行へと異色の転職で入社以降、このアジャイル開発チームに携わってきました。

    古くからある大きな企業でのアジャイル開発を進めていくには、技術的な面・組織的な面で非常に多くの問題が存在していました。
    そもそも外注開発しかしたことのない組織が内製開発に取り組むということで、その問題の大きさは想像に難くないでしょう。
    実際、前職とはかけ離れた環境やフローが存在し、多くのカルチャーショックにぶちあたってきました。

    このセッションでは、そんな組織の中で、ゼロからアジャイル開発を進めてきた1年半の歴史を余すことなく紹介していきたいと思います。
    取り組んできたこと、失敗したこと、成功したこと、たくさんあります。
    地銀という古い体制の組織・規制の厳しい金融業界、そんな世界で経験してきた内容が、少しでもみなさんの今後に役立つことができれば幸いです。

    • アジャイル組織の変遷
    • 現行ルールのしがらみとの闘い
    • アジャイル開発を少しずつ組織に浸透させていく方法
    • 組織を拡大していくための対内・対外的な取り組み
    • 拡大していく組織で発生した問題
    • 成果を出し続けていくための組織やチームの意識改革
  • Liked Keita Watanabe
    keyboard_arrow_down

    Keita Watanabe / Kazuki Mori - チームビルディングワークショップ

    90 Mins
    Workshop
    Beginner

    最近チームで笑えていますか?

    プロジェクトが始まってからチームビルディングを全くせずにいきなり開発が始まって、チームのコミュニケーションがうまく取れない。チームに新しいメンバーが入ったものの、誰も相手をせず、悲しい目をしてこちらを見ている。 そんな現場、ありませんか?


    このワークショップでは、忙しい中でもできる、よいチームを作り上げるための様々な手法を体験できます。 こんな人におすすめです

    • いいチームを作りたい人
    • チームのコミュニケーションがうまくとれていないともやもやしている人
    • どうやってチームをよくすればよいかわからない人

    ワークショップの中で、チームビルディングのノウハウを知り、実際の現場に戻ってから使える様々なアクティビティを実践します。

    添付したスライドはXP祭り2019にて開催したものです。

    こちらの拡張版を行います。

  • Liked Rose Hashinaga
    keyboard_arrow_down

    Rose Hashinaga - CI&Tでアジャイル案件を管理して12年 - 自分という変革

    Rose Hashinaga
    Rose Hashinaga
    Operations Manager
    CI&T
    schedule 2 months ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    12年前、最初のアジャイルスクラム案件に取り組みました。

    この新しい世界を受け入れるには、最初からすべてを学び直す必要がありました。しかし、いくつかのプロジェクトを経験し、いくつかの困難に直面したため、アジャイル、プロジェクト管理、およびメトリクスが共存できることに気付きました。

    無駄ゼロを目指したリーン思考により、非常に簡潔なプロセスを達成できました。

    CI&Tリーン・アジャイルプロセスを適用してプロジェクトを管理している間に、私はいくつかのことを学び、リーダーシップに対する考え方を完全に変えるに至りました。

    そして「Process & People」は私の情熱であることに気付きました。

    3年前、私はブラジルから東京に移り、このCI&Tリーン・アジャイルプロセスとCI&Tの企業文化を日本での事業に導入しました。

    日本文化について学び、日本でも受け入れられるようにプロセスを調整することは、大きな挑戦でした。

    私はこの困難に立ち向かいながら、数々のプロジェクトを経験しました。再び、私は多くのことを学び、そしてそれは自分自身をも変革してくれました。

    この登壇では、アジャイル、プロジェクト管理、メトリクスに関する「学びの旅」と、これらが日本という地で如何に適用されているか皆さんに共有します。そして、これが再度自分を完全に変化させたことを。

  • Liked 常松 祐一
    keyboard_arrow_down

    常松 祐一 - スクラム開発での目標設定・フィードバック・評価

    常松 祐一
    常松 祐一
    Engineering Manager
    Retty Inc.
    schedule 2 months ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    あなたの組織はアジャイルな開発を志ざし、スクラム開発を取り入れ、素晴らしい結果を得ることができました! おめでとうございます!

    全社共通の人事制度では3ヶ月ごとに個人目標を設定し、メンバーから360度フィードバックを集め、成果を評価します。半年ごとに成果に応じた賞与があり、昇進の機会もあります。上司からアジャイル開発の推進者として信頼されているあなたは「スクラム開発での目標設定・フィードバック・評価はどうしたら良いのか」と相談を受けました。プロダクトの成功にばかり集中していてそのことをすっかり失念していたのです。

    スクラム開発では全員が一丸となり同じ目標を追います。・・・でも個人ごとの目標を決めるルールです。メンバーのキャリア・成長はどう導いていきましょう? 誰が何の貢献をしたのかどう評価しますか?

    アジャイルな開発を長く続けるために、たまにはマネージャーの悩みを一緒に考えてみませんか?

  • Liked Jayaram Hegde
    keyboard_arrow_down

    Jayaram Hegde - The Power of Visual Metaphors - Creating Breakthrough Results Through Collaborative Play

    Jayaram Hegde
    Jayaram Hegde
    Agile Coach
    ANZ Bank
    schedule 2 months ago
    Sold Out!
    90 Mins
    Workshop
    Beginner

    According to neuroscience - human Mind Power system consists of easily learned techniques that help you focus and direct your thoughts, and the first technique you’ll learn is visualization.

    ‘Visualization is any technique for creating images, diagrams, or animations to communicate a message. Visualization through visual imagery has been an effective way to communicate both abstract and concrete ideas since the dawn of humanity.’ Using visualization techniques in any gathering help to inspire creativity, focus and shared vision.

    During our day to day working environment - especially in Agile WoW (irrespective of the frameworks we use) we have lot of opportunities to plan, strategize, brainstorm, innovate and generate ideas. These will always be incomplete without the application of Visualization techniques. Visualization techniques can be successfully applied to identify common goals, understand customer expectations, collaborate with individuals (multiple teams), and identify areas for continuous improvement.

    Many a times, key events in our workplace are conducted in vaccum where people feel they are not engaged or disconnected or feel there is no value out of these. We can turn the table around completely by giving the dimension of Visualization using Visual Metaphors.

    Agile methods have provided a framework for improving innovation, but there has been a missing piece - Visual metaphors (influenced by Innovation Games ideas) offer ideas, tools & practices to aid the innovation process at its most critical point - product management, particularly visioning & roadmaps identification. Key to innovation is creating collaborative, interactive, visually-oriented, fun, business-driven-environment for people.

    In this interactive workshop participants would be experiencing some of the popular & widely used Visual Metaphors that can assist in their Agile journey through which they can experience the power of these tools to generate better visibility, collaboration opportunities, sense making and continuous improvement opportunities.

    Where can it be applied?
    • Business Review Meetings
    • As a tool for prioritization
    • Planning, Backlog refinement and Retrospective meetings
    It is time for some ‘hands-on’ and ‘minds-on’ to know more about innovation through visualization.

  • Liked Gabor Devenyi
    keyboard_arrow_down

    Gabor Devenyi - Hippie Coaching vs. Corporate Coaching (workshop) - English

    Gabor Devenyi
    Gabor Devenyi
    Agile Coach
    Gabor Devenyi
    schedule 3 months ago
    Sold Out!
    90 Mins
    Talk
    Beginner

    There is no "one right way" to coach. Some coaches primarily focus on people and behaviour, some on processes and frameworks, some on system of work and the list goes on. Depending on the organisation and its context, different focus might be required.

    My observation is that the different styles of coaching create different perception in the organisation. Those coaches who "preach" about the Agile manifesto and the value and principles, often looked as the “hippie coaches”. Even though their message is right, they often can't succeed in the corporate world, where it’s lot more fashionable to talk about “scaling agile” or “standardising new way of working”.

    However, the coaches whose focus is helping huge corporates, can become "instituionalised" - within two years their focus and vocabulary become corporate-language and they become part of the machine.

    So what can you do, if you’re one of those “hippie” coaches, who is afraid of being lost in the corporate world? And if you’re a “corporate” coach, who speaks the corporate language and became a master of agile tools and processes - but lost sight of the the original values?

    This interactive talk / workshop will hopefully get these coaches closer to each other and to reality, so we can work on improving ourselves as coaches, independent on what type of people we are.

  • Liked Alex Sloley
    keyboard_arrow_down

    Alex Sloley - Insight Coaching – Nonverbal Communication in Coaching

    Alex Sloley
    Alex Sloley
    Alex Sloley
    schedule 3 months ago
    Sold Out!
    90 Mins
    Talk
    Beginner

    The craft of Agile Coaching fundamentally requires deep, insightful, meaningful communication. In everyday execution, this typically involves a coach and the coachees having a conversation, or dialog. However, there are other ways that an Agile Coach and their coachees can connect – nonverbal communication.

    Explore the different aspects of nonverbal communication in the domain of the Agile Coach! This workshop overviews nonverbal communication in Agile Coaching and provides a starting point for developing this critical skill.

  • Liked Mori Yuya
    keyboard_arrow_down

    Mori Yuya - 「相談」のすごい影響が整理できて「話が早い相談」ができるようになる20分

    Mori Yuya
    Mori Yuya
    no
    witch&wizards inc.
    schedule 2 months ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Advanced

    私たちは困ったときに相談をしています。毎日、一日の中で何度も相談を持ちかけたり相談を受けたりします。

    相談とは「問題解決のために人と話し合ったり、他人の意見を聞いたりすること」です。
    「問題解決を協働で取り組む短時間多頻度活動」とも表現できます。

    相談は意思決定でもありますから、相談がうまくいけばスムーズに仕事が流れますが、相談がうまくいかないと仕事が止まってしまう原因にもなります。「現場のチーム」や「部署間の相談」「経営者の相談」「お客様との相談」などなど、あらゆるところで何千、何万回も相談は行われています。

    もし組織の中で行われる相談という共同活動が劇的な改善をしたら、組織はどのようによくなるでしょうか?

    これからも何千、何万回も行われていく相談の質が大きく高めることができたら、非常に大きな効果があると思いませんか?

    このセッションでは「相談」がチームや組織に与える影響を整理し、またすぐにできる質の高い相談をする方法を共有したいと思います。チーム内での相談の質を高めること加えて、とくにチームの開発力が高まってきて他の部署との連携や、お客様との打ち合わせが増えてきた方にお薦めです。

    ※このセッションは2017年に行われた日本TOC(制約理論)推進協議会主催のTOCシンポジウム2017での発表を大幅に加筆修正したものです。スライド参照。

  • Liked Ahmed Zafor Sadeq Bhuiyan
    keyboard_arrow_down

    Ahmed Zafor Sadeq Bhuiyan - Failure to success: Following an Agile way for a Data Center project

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    A common understanding about different Agile methodology is that those are implacable only in software project. But I want to share my experience, how a failed Data Center project became a successful one after following Agile way where internal & external stakeholders and team members are not aware of Agile properly.

  • Liked Ashutosh Bhatawadekar
    keyboard_arrow_down

    Ashutosh Bhatawadekar - Changing Narrative - From Measuring IT Output To Business Outcomes

    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    As coaches, our focus on any Agile transformation is limited to measuring IT Output (e.g. Velocity, Defects, Lead Time, Cycle Time etc.)

    However the real value from Agility an organization can reap benefits are whether Agile has really harvested Business Outcomes or not. In my talk, I will talk about how to move from a focus on IT Output to Business Outcomes

    In my talk, I will talk about how to move focus from IT Output to Business Outcomes.

    Few important areas, I cover include :

    • What is a Business Outcome?
    • How Business Outcome contributes to Value Realization?
    • Who formulates Business Outcomes?
    • How an Agile Coach facilitate the achievement of Business Outcome
    • Traceability between IT Output- Business Outcome - Value Realization
    • Business Outcomes with examples (NPS, Release frequency etc.)
  • Liked Yukio Okajima
    keyboard_arrow_down

    Yukio Okajima / Yuichi Hashimoto - 「ここがアジャイルの世界か」 ~ 業務SEがアジャイラーになるまでの8か月

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    巨大ウォーターフォールプロジェクトの一員であった業務SEは、8か月後、重要なアジャイルプロジェクト(※)を任されるエンジニアになっていました。

    「なぜ?」「どうやって?」。このセッションでは、チャレンジした本人(橋本)とそれを支える組織(岡島)それぞれの目線から、次の切り口で明らかにしていきます。

    1. 価値:変化を抱擁する世界へのチャレンジと、それを支援するアジャイル組織の在り方
    2. 原則:本気で取り組むための「ビジネスと学びの両立」「段階的動機付け」「組織能力化」
    3. プラクティス:プログラミング未経験の業務SEが成長するために日々考え実行したこと

    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57937